歯列矯正で失敗しない秘訣

歯列矯正治療は費用、治療期間ともに非常に多くの労力を必要とします。だからこそ、医院選びは失敗できません。ここでは医院選びのポイントを紹介させていただきます。

1. 金額は安いほうがよいが、お金で決めるのは×

金額が安いのが全てダメではありませんが、安くしなければ患者さんを集められない医院だった場合、最終的(やり直し、追加料金等)に高くつく場合もあります。よくあるトラブルでは全然歯が動かずに治らないといったケースです。

2. 自分の治療方法にあった技術のある医院

歯列矯正の種類は色々あります。当然、歯列矯正の種類によって先生の経験も変わってきます。技術、経験のある先生でも、外科手術、非抜歯、マウスピース、裏側などの歯列矯正となると別な話ではあります。どの治療が得意、経験が多いかなどは当サイトでも紹介をしていきます。

3. 実際に治療してくれるのは誰なのか確かめよう

これは一般歯科で歯列矯正治療をされている医院さんで多いのですが、外部の歯列矯正専門医をアルバイトとして自分の医院で治療させているケースです。歯列矯正は医院との契約と思われますが、人と人との信頼関係が非常に重要となります。責任者の院長が治療をしているのと雇われた人が治療をしているのでは大きく変わってきます。院長は自分の医院を経営する限り責任を持って対応してくれますが、雇われている方はいつ辞めてしまうか誰も分かりません。安心できるのは最高責任者である院長が直接治療をしてくれる医院さんです。

4. 先生の人柄が自分に合っているか

歯列矯正治療は他の治療に比べると長期的な治療となりますので、先生と患者さんの相性も重要となってきます。技術はあるけど無口でほとんど喋らず、説明をちゃんとしてくれない、何をされてるか分からない・・・計画通りに治療は進んでるの?
逆に技術に不安が残る若い先生だけど、いつも時間をかけて説明や気遣い、普段の生活で気を付けること、誕生日のお祝いの言葉をいただいたり、患者さんの気持ちを考えてくれる先生・・・どちらが良い悪いは患者さんによって違いますよね。

5. 無料相談を利用して医院に行ってみること!

結局、考えても医院に行ってみなければ先生や医院の善し悪しは判断できません。現在はほとんどの医院さんで無料相談をしていますので、まずは医院に足を運んでみましょう。無料相談をやっていない医院さんでも「歯科医師が選ぶ矯正歯科」のインタビュー記事を見てきたと伝えていただければ無料で相談していただけますので、予約時にお伝えしてください。相談に行ったから契約をしないとダメなんてことはありません。もし相談に行って契約を迫る医院さんがあるのであれば、その医院さんで契約は辞めたほうが良いかもしれません。